お知らせ

イノシシ&シカと共生できるか?その答えを探るセッション(2015年10月18日(日) 13:30~16:30)

イノシシ&シカ・・・大多喜の農家の悩み。 いつからだろう?なぜだろう?どうすればいいだろう? いま、できることの答えを、探しましょう。 そのためには、 ①イノシシ&シカなどと、共生することはできないか? ②イノシシ&シカなどを、効果的に活用できないか? ③イノシシ&シカなどを、減量化することはできないか? ④私ならこう思う、こうしたい!  その方法を話し合い、できることを探し出しましょう。
会場 旧老川小学校多目的室&会議室
「序」講演:「国の鳥獣被害対策・施策について」 ―13:30~14:20― 
      講演者調整中(農林水産省関東農政局農村振興部農村環境課)
  「破」事例:「イノシシ&シカの被害と捕獲の実情紹介」 ―14:20~15:10―
   関係参加者(大多喜町役場、地元関係団体、有志)
     ― 休憩:15:10~15:20 ―
   「急」セッション:「地域資源としてのシカ&イノシシ」 ―15:20~16:30―
       参加者全員によるイノシシ&シカなどの活用について意見交換と提案

【参加費】 500円(資料代,コーヒー付)
【参加申し込み&連絡先】参加人数:40名まで
     各参加者(複数可)の氏名と連絡先(メール、携帯電話、居住地区)、合計人数を
     佐藤建吉(fax:0470-85-0546, email:ksato@efco-dot-jp.com, 携帯電話:090-1268-5882)宛に、お知らせください。
<行事案内 pdfファイルダウンロード>