概念

旧老川小学校を、地域活性化の日本のシンボルに

皆様の愛している老川小学校。2013 年に廃校になりましたが、新しい活用法で復活させます。校舎を立て 替えるわけではありません。新しい活用方法を導入し、皆様とともに「地域活性化」の拠点にいたします。  新しく導入するのは、「エコ・フューチャーセンター」です。「フューチャーセンター」とは、日本中で徐々 に生まれてきている「未来を作る仕組み」です。様々な主体の人々が既存の組織の枠組みを越えて集まり、自 由な発想の討論で課題の抽出・解決をはかる場のことです。それは単なる議論にとどまらず、事業を興したり イベントを実施したり制度を作ったり、未来に向けた新しい取り組みを実施します。 私たちはさらに、低炭素化社会の実現に向けて自然エネルギーの最先端の活用法をここで研究し、皆様とともに事業化しようと思ってい ます。そこで日本で初めての「エコ・フューチャーセンター」と名付けました。efco とは、「Eco Future Center at Otaki & Oikawa」の頭文字を取ったものです。エコ(eco)で未来(future)を意識し、未来を 先取りした仕組みや事業を行うセンター(center)です。そして地元(Oikawa)と一緒に共存共栄する施設 です。多彩な事業を実施し、町外からも多くの人を呼び、地元の雇用促進と経済的なプラスを目指します。キー ワードは「先進的な田舎」。人々の心のふるさとでありつつ、同時に最先端のものを生み出す場をも目指します。